サムテックのマイクロ波材料測定事業とは?

誘電体材料測定用途の厳密解析計算ソフトの販売・クラウド式レンタル〈月額使用料金体系〉 および 納品時の低価格トータルサポートを内容とするシステム構築・操作トレーニング と共に、
各種ニーズにマッチした産業用および新材料開発用の誘電体の測定依頼 も承ります。
公正に国内・国際標準化されている規格に準拠した信頼できる誘電体材料の誘電率(εr)と誘電正接(tanδ)のデータが欲しい。」
または、「異方性ごとに分離した誘電体材料の誘電率が知りたい。」 などのご要望をお持ちでしたら、
ご希望の誘電体平板材料の平面方向・垂直方向ならびに丸棒試料の軸方向の複素比誘電率、導体板や銅箔等の表面抵抗および実効導電率、誘電体と導体の界面抵抗および実効導電率を、
IEC国際標準/JIS国内標準規格に準拠した最新の厳密解析計算アルゴリズムのコア技術をベースに、正確な誤差評価を考慮して高精度に測定するソリューションを提案致します。
さらに、これらの周波数依存性や温度依存性および湿度依存性の評価も行います。
他にも、実務的な見地からの測定結果に関してのコンサルタント も提供しております。

事業内容

マイクロ波・ミリ波帯における、電子材料測定用ソフトウェアの研究開発、販売・レンタルおよび保守サービス
マイクロ波・ミリ波帯における、電子材料測定用システムの研究開発、販売および保守サービス
マイクロ波・ミリ波帯における、電子材料の特性測定および性能試験評価サービス
マイクロ波・ミリ波帯における、電子材料測定の技術コンサルティングサービス

当事業を担当する責任者のプロフィール

サムテックマイクロ波測定事業部長小林禧夫

マイクロ波材料測定事業部代表 小林 禧夫とは?

RFワールド No.12, 2010年11月号(CQ出版) 特集記事PDFファイルアイコン

誘電体材料測定ソフトウェア・システム製品の紹介

  1. SUM-DISK©    [ストリップライン励振形の平衡形円板共振器を用いる測定について、JPCA-FCL01(2006)規格、JFIA-FP001(2006)規格 準拠] 
  2. 〈平衡形円板共振器法〉

    マイクロ波とミリ波帯【5GHz - 110GHz】において誘電体平板試料の垂直(厚さ)方向の複素比誘電率を測定する、厳密解析計算ソフトをコアに
    構成するシステムです。
    プリント回路基板のマイクロストリップ構造の設計に不可欠な垂直方向(厚さ方向)の比誘電率を正確に測定するのに力を発揮します。
    スマートフォン・携帯用のUHF帯から車載ミリ波センサ用のEHF帯まで、幅広い周波数レンジのプリント回路基板の測定を実現します。

  3. SUM-PLATE© Ver. 8.0    [IEC 62562(2009)規格、JIS R 1641(2007)規格 準拠] 
  4. 〈空洞共振器法〉

    マイクロ波帯【2GHz - 40GHz】において誘電体平板試料の面方向の複素比誘電率を測定する、厳密解析計算ソフトをコアに
    構成するシステムです。

  5. SUM-CYLINDER© Ver. 2.0   [IEC 61338-1-4(2005)規格、JIS R 1660-1(2004)規格 準拠]
  6. 〈遮断円筒導波管法〉

    ミリ波帯【30GHz - 100GHz】において誘電体平板試料の面方向の複素比誘電率を測定する、厳密解析計算ソフトをコアに
    構成するシステムです。

  7. SUM-ROD© Ver. 7.0   [IEC 61338-1-3(1999)規格 & JIS R 1627(1996)規格、IEC61788-7(2002)規格 & JIS H7307(2005)規格 準拠]
  8. 〈誘電体円柱共振器法〉

    マイクロ波帯【2GHz - 30GHz】において誘電体円柱試料の円周方向の複素比誘電率および導体板や銅箔の表面抵抗・表面比導電率を測定する、
    厳密解析計算ソフトをコアに構成するシステムです。

  9. SUM-TM0m0© Ver. 1.0   [IEC62810 Ed.1.0(2015)規格 準拠]
  10. 〈TM0m0空洞共振器を用いた国際新規格に基づいた摂動法〉

    マイクロ波帯【1GHz - 30GHz】において誘電体丸棒試料の軸方向の複素比誘電率を測定する、厳密解析計算ソフトをコアに
    構成するシステムです。

  11. SUM-MIC©
  12. 〈MIC形共振器法〉

    マイクロ波帯において銅張誘電体基板の界面比導電率を測定する、厳密解析計算ソフトをコアに構成するシステムです。

自動制御・常温測定対応版ソフトウェアでは、旧アジレント・テクノロジー製ネットワークアナライザ【PNAシリーズ】が発するパラメータ値(中心周波数・-3dB半値幅 [帯域幅, BW] ・Q値 [負荷 Q, Ql] の各データ)を、
    市販PC・ネットワークアナライザにより構成される機器間のデータ受け渡しのタイミング制御の面で高信頼性を保証する GPIB-USB接続方式/ハンドシェイク方式の非同期データ転送ライブラリ
    [IEEE 488.1/IEEE 488.2 国際規格準拠] を介して瞬時に高確度で自動取得
し、複素比誘電率/導体平板の表面抵抗・表面比導電率の周波数依存性を測定計算する機能を実装しております。

自動制御・温度測定対応版ソフトウェアでは、旧アジレント・テクノロジー製ネットワークアナライザ【PNAシリーズ】およびデジタル温度計【34410A/34411A】が温度変化に応じて自動追尾し適宜に発する
    時々刻々と変化してゆくパラメータ値(中心周波数・-3dB半値幅 [帯域幅, BW] ・Q値 [負荷 Q, Ql] ・温度値の各データ)を、市販PC・ネットワークアナライザ・デジタル温度計により構成される機器間のデータ受け渡しの
    タイミング制御の面で高信頼性を保証する GPIB-USB接続方式/ハンドシェイク方式の非同期データ転送ライブラリ [IEEE 488.1/IEEE 488.2 国際規格準拠] を介して瞬時に高確度で自動取得
し、
    複素比誘電率/導体平板の表面抵抗・表面比導電率の温度変化特性を測定計算する機能を実装しております。

システム機器間のデータ転送に関する国際規格 IEEE 488.1/IEEE 488.2 について

†† システム機器間のデータ転送プロトコル・共通コマンドに関する国際標準規格 IEC 60488-2(2004)

誘電体材料の測定サービスの紹介

弊社では、お客様よりお送りいただいた材料の測定を行い、材料の各種性能評価を承ります。

弊社の測定サービスにおいては、
弊社ソフトウェア製品のコア技術である低周波や高損失誘電体材料の電気計測とは異なる独特な高周波帯・低損失用途の最新の厳密解析計算アルゴリズムに基づいて
誘電体材料の特性を解析計算しデータ取得を行っております。
これにより、誘電体材料の誘電率【εr, Dk】と誘電損失【tanδ, Df】・金属導体や高温超伝導体の表面抵抗【σrf】を「IEC国際標準規格に準拠した厳密解析」により高精度に行える点と、
各測定値の精度を誤差評価(注) を考慮して個々の試料名毎に明確に評価できる点を特長としております。

(注) 高精度測定の成否を左右する誤差評価とは、数回の繰り返し測定と厳密解析計算処理の実行により、
     偶然誤差 [Random errors] (共振器への試料セッティング状態の測定回ごとのばらつき等)系統誤差 [Systematic errors] (作業者スキル、品質個体差による共振器ごとのばらつき、測定器の校正状態・設定ミス等)
     によって生じる誤差範囲 [Δ,delta] をデータ評価して誤差要因を明確化し、本来誤差を含んでいる各測定値に対して真値にできるだけ近いデータを得ることを意味します。


尚、誘電率測定
における温度依存性評価の概要については、以下のリンクより動画でご覧下さい。

複素比誘電率の温度依存性を自動的に測定する。(Windows Media Player [wmv] 形式)

本製品・本サービスにご興味・ご関心がございましたり、価格についてお知りになりたい、もしくは本ソフトウェアの クラウド式レンタルでの月額利用 をご希望の場合は、
お気軽に サムテックのお問い合わせフォーム に入力後に送信いただくか、もしくは info@sumtec.biz まで、メールにてお問い合わせ下さい。