製品名: SUM-MIC© [測定治具を、商品開発中]

測定データ計算ソフトのGUI 画面

厳密解析計算ソフトのGUI画面

このソフトウェア製品の概要・特長

MIC形共振器法に基づき、マイクロ波帯における銅張誘電体基板の界面における界面比導電率を測定します。
SUM-RODにより測定する円柱の比誘電率 εrと誘電正接 tanδrと導体板の表面抵抗 Rsfの値、SUM-PLATEにより測定する
誘電体基板の比誘電率 εrtと誘電正接 tanδtの値、MIC形共振器のf0Quの値をもとにして、界面抵抗 (Rsb) および実効導電率 (σsb)を計算します。

自動測定システム構成例

SUMTEC 測定システム構成例

測定に必要となるPC動作環境・ネットワークアナライザ・外部機器

プロセッサ(CPU) Intel Pentium 4(1.5GHz)以上
オペレーティング・システム Microsoft Windows 7, Windows Vista, Windows XP または Windows 2000
メモリ 512MB以上のRAM【Windows XP】    2GB以上のRAM【Windows 7 / Vista】
ハードディスク 1.5GB以上の空き容量【Windows XP】 20GB以上の空き容量【Windows 7 / Vista】
ディスク装置 CD-ROMドライブ
ディスプレイ XGA(1024 dpi × 768 dpi)以上の画面解像度
USBポート HASP暗号鍵USBキー用に使用
ネットワークアナライザ ・手入力モード    :市販されている全てのネットワークアナライザに対応しています。(注1)
・自動測定モード: 旧アジレント・テクノロジー製(PNAシリーズ・8510シリーズ・8720シリーズ・スカラーネットワークアナライザ8757シリーズ)(注2)
同軸ケーブル 使用するケーブルの種類は、測定する周波数帯によって異なります。
GPIB-USBケーブル ナショナルインスツルメンツ製(NI GPIB-USB-HS)
デジタル温度計 (※1) 旧アジレント・テクノロジー製(34410A / 34411A), アドバンテスト製(TR2114H / 2114H), SI製
温度センサー (※2) 旧アジレント・テクノロジー製サーミスタ温度プローブ(E2308A)など
その他 ・恒温槽 (※3)
・両端ピギーバックコネクタ型 GP-IBケーブル (※4)

(※1)〜(※4) 温度依存性を測定する場合のみ、必要となります。

(注1) 手入力モードでは、旧アジレント(現キーサイト)・テクノロジー製、アンリツ製、ローデ・シュワルツ製など、あらゆるメーカーのネットワークアナライザに標準的に装備されている
        帯域幅マーカー自動サーチトラッキンング機能【Bandwidth等】を使って、計測器画面上の共振波形から目視で読み取ることができる測定データ(共振周波数・-3dB半値幅データ・挿入損失 IL)を
        当ソフトに直接入力することにより、容易に高精度な測定が行えます。

(注2) 会社分割により2014年8月1日以降 旧アジレント・テクノロジー製 ネットワークアナライザ および デジタル温度計・温度センサーは、キーサイト・テクノロジー製の異機種へ仕様変更されております。

製品カタログのダウンロード

PDFファイルダウンロードアイコン SUM-MICカタログ

本製品を用いた測定方法について、更に詳しい情報をお知りになりたい方 は、ここをクリック して下さい。