こんにちは。
サムテックのメンバーとして、クラウドインフラ構築運用・Linuxソリューション・Web技術関連事業 を担当している小林です。

自社ホームページやWEBサイト上での動画 / 静止画コンテンツの配信・自社や個人のブログや自社広告用のWEBアプリ、
さらには取引先や技術者コミュニティもしくは同じ地域に暮らす人々にとって有益な情報を供給しディスカッションの空間を提供するコンテンツ管理サイトなどを、
完全内製によりセキュリティ / パフォーマンス / 安定性の面で改善を施して実装する基盤サーバーを使って独自に付加価値を模索しながら開発・運用して一般公開する。
または、ホームページの更新作業を社内・自宅に構築したWebサーバーを使って、デザインや機能の面で効率的かつ自分が描くイメージに限りなく近い状態に近づけながら進めてゆく。
または、外部への流出を常に警戒する必要がある自社独自技術をベースに開発した有償の特殊アプリソフト・機密データおよびICTインフラが
第三者(知財ブラック企業、ハッカー)の手によって攻撃・不法ダウンロードされるリスクを軽減するために、
完全内製によりプライベート仮想化/クラウド化ノウハウを蓄積して構築する安全なサーバー上で厳しく監視し防御しながら一般公開する。
更には、Word・Excel・Power Point・PDF・ビットマップ画像など数限りない種類のファイル形式で保存された社内共有データを、
Windows ・Mac ・ LinuxといったパソコンのOSの種類に左右されずに一貫して共有して更新する...
または、スマートフォン向けアプリケーションの開発テスト環境を短時間で構築する。

こうした自社のニーズに合ったICTインフラは、従来は、各種アプリケーションの構築作業を数多くの外注請負業者の手を介して個別に発注する中で
「人月トータルコストとして非常にお金がかかり高い、また技術的に難しい作業で多くの外注と人的コストなしには不可能」と考えられがちですが、
弊社では、経営体制やお金・モノの使い方を工夫しながら最新の技術を駆使しさえれば、予想外に安いコストで実現できるということを常日頃実感しています。
そのためには、特定のベンダーに限定されたクローズドな開発環境においてプロジェクトに携わる開発者のトータル数の制限が生じてセキュリティバグの発見が遅れる傾向にある
Windowsアプリケーションサーバーに代表される巨額な人件費(給与手当コスト)とライセンス体系をベースにしたソフトウェアをシステムのコア技術として採用するのでなく、
世界中で同時進行している無数の開発プロジェクトにおいての先駆者となることを目指している無数の有志の手による研究開発とバグ修正
およびネット上でスピーディーに公開されるそれらの成果物の改変の自由が保証されており結果的に安価で利用できるLinuxベースの各種ソースコードをコア技術として有効活用することによって、
与える命令・要求通りに自律的に無人稼働するシステムを構築してゆくことが弊社においては不可欠となっております。

私がこの点に気が付いて現在の仕事を行うようになった時期は、日本国内でのシステム開発・SE経験の後に約10年間にわたってSE・Webプログラマーとして活動拠点を移した
英国やベルギー・オランダ・ドイツ・フランス・チェコでのICT専門職訓練と実務経験の時代に遡ります。
そこでは、ヨーロッパ各国で活躍するフリーランスのオープンソース技術者・研究開発者と
米国・カナダ・オーストラリア・インドなどで活躍するフリーランスのオープンソース技術者・研究開発者が、ネット上や Linuxコミュニティ集会 で効率的かつ体系的に
情報を共有しながら徹底的に開発工数とバグ修正・システム運用にかかるコストと時間を省く環境(バザール方式)の下で、
セキュリティが強固で安全かつ高品質で非常に安定して自律稼働するサーバーシステムとクラウドインフラおよび開発環境を構築してゆくことを教えられました。
また、2010年に入ってから日本においても日本語ローカライズされた各種ウイルス・マルウェアを駆使したサイバー犯罪による被害が深刻化する中、
ネットワーク装置・WEBサーバーを基盤とする電子金融/商取引・ビッグデータ解析・システムダウンの許されない宇宙管制システムなどの応用分野で
Linuxを取り巻くオープンソース技術が事実上の標準としての地位を確立する一方で、
携帯電話のスマートフォンOSの分野ではグーグルが開発したLinuxベースのオープンソースOSである AndroidTM のシェアが首位に立つなど、
オープンソース技術の浸透の勢いは従来のプロプライエタリなCD/DVDパッケージソフトとハードウェアの一体型組み合わせ製品を代替してしまう形で進行し、
「もはやLinuxベースの自律システム設計と固定費用の極小化なくして、今後のビジネスと日常生活を持続して発展させられない」時代へと移行しております。

今後もこの事業を通じて数多くのオープンソース技術・知財またはオープンソースから派生した技術・知財の活用について紹介する一方で、
皆様にとって有用な持続可能なシステムを低コストで提供することによってお力添えとなり、頑張ってゆきたいと考えております。

略 歴

1991年 中央大学法学部卒業後、日産ディーゼル工業(現在のUDトラックス)に入社
1993年〜1999年 社内SEとして、社内電子メールの導入サポート・販売システム用大型汎用機のCOBOLプログラミング・経費請求支払伝票処理のExcel VBスクリプトプログラミングなどの
開発業務に従事。 1994年 経済産業省(旧 通商産業省)認定 初級システムアドミニストレータ取得。
2000年 退社して留学のため渡英。ニューカッスル大学 のICT技術者へのスキル転換用の社会人大学院コース [コンピュータサイエンス専攻] に入学。
オブジェクト指向言語(C++/Java)、HTML、レッドハットLinux の管理基本コマンド、リレーショナルデータベース設計と運用(正規化、ERモデル、SQL言語)、
コンピュータネットワーク概論、ソフトウェア工学(完全に非工学では?)、フォールトトレラントシステム設計手法、コンピュータハードウェア設計技術、並行処理プログラミング概論、
離散数学入門 について学ぶ。
2001年 大学からのミドルウェア技術のスピンオフ企業だった Arjuna Technologies (現 Red Hat JBossにより買収) の Prof. em. Santosh Shrivastava と Dr. Stuart Wheater に師事。
CORBAを介する異機種間分散データ処理・手持ちのハードウェア(PC)の仮想マシン化と高信頼性を確保したクラウドコンピューティング実現のための技術的課題
(負荷分散・QoS・セキュリティなど)について啓示された。
Javaワークフロー実装についての論文で、MSc in Computing Science (コンピュータサイエンス修士) 取得。
2001年〜2003年 ロンドンにある現地の 日系ITサポート企業 の紹介で、日系商社において欧州域内支店の地図・住所録・電話帳のイントラネットWebページをHTML・CSS・Java Scriptで開発する
業務に従事。同時に、日本語PCサポートとWindowsサーバーの構築・PCとサーバーのハードウェア修理に従事。仕事外の時間で、ロンドンのLinuxユーザーコミュニティーに参加。
2003年〜2004年 高セキュリティ・高信頼性特化型 Linux基盤サーバーを研究開発して日欧企業・政府自治体向けに提供している 英国企業(本社 リバプール) のベルギー支店において、
欧州各国(ベルギー・フランス・オランダ・ドイツ)内の日系現地法人のクライアントに対して日本語PCサポートとファイル共有サーバー・メールサーバーを構築運用する業務に従事。
2004年〜2005年 ベルギー支店からの派遣で、日系およびフランス自動車メーカーがチェコ合弁工場を立ち上げた際のプロジェクトにおいて、新たに構築されたリレーショナルデータベースを検証し
バグ修正する業務に従事。
2005年〜2006年 ベルギー支店からの派遣で、仏日系自動車メーカーのパリ近郊の現地法人において、英語・フランス語・日本語PCのリプレース構築サポートとPCハードウェアの修理業務に従事。
仕事外の時間で、ドイツ・ベルギーのLinux開発コミュニティーの会合に参加。
2006年〜2009年 リバプール本社に戻り、日欧のクライアント企業や地方自治体・学校に対してSaaSクラウド型Web-EDI・メールおよびファイアウォール・VPN用のサーバーを構築運用し、
国営病院・医療NPO法人に対してWebサイトおよびSaaSクラウド型Webデータベース・PaaSクラウド型コンテンツ管理用のサーバーのデータバックアップシステムを構築して監視する
業務に従事。
2009年〜 帰国後に、サムテック有限会社入社。
誘電体電子材料特性のマイクロ波・ミリ波帯計測サービス・材料開発品の受託測定データ蓄積業務の拡大にともない、各種Bastion hosts (社内ファイル共有サーバー・Webデータベースサーバー・
統合システム監視サーバーおよびファイアウォール) を物理サーバーベースで設計・構築し、運用・システムログ監視を開始。
同時に、PCユース向けの販売促進用ホームページ・Webアプリの開発とマーケティング、社内庶務文書の管理・経理・原価管理に従事。
2010年〜 社外一般ユーザー向けのコンテンツ配信用サーバーを物理サーバーベースで設計・構築し運用開始。同時に、スマートフォンユース向けの販売促進用ホームページ・Webアプリの開発
および誘電体電子材料特性の計測ソフト製品のシステム構築・検証・納品セットアップ作業に従事。
2011年 同社取締役 (使用人兼務役員) に就任。
2013年〜 ノベル株式会社 [Novell,Inc.] との正規パートナー契約に基づき、SUSE Linuxパートナー事業を開始。
2014年〜 誘電体電子材料特性の厳密解析計算ソフト製品・マイクロ波フィルタ設計ソフト製品 (Windowsアプリ) を社外ユーザー向けにネット配信レンタルする事業プロジェクトの開始にともない、
DaaS (仮想デスクトップサービス) クラウド基盤サーバーを VMware vSphere + Windows Server Active Directory 統合環境をベースに設計・構築・検証する作業に従事。
2015年〜 ヴイエムウェア株式会社 [VMware, Inc.] との正規パートナー契約に基づき、VMwareクラウドサービスプロバイダ (VSPP) 事業を開始。
以降、仮想マシン (デスクトップPC・コンテンツ管理サーバー) と各種Windowsアプリケーションをネット配信レンタルするIaaSクラウド基盤の管理/ネットワーク管理に従事。

My LinkedIn Profile in English

My Facebook Profile in English


所属協会および社会的活動

2002年〜 ロンドン Linuxユーザー会
2007年〜 ACM (Association for Computing Machinery) 会員 [一般会員]
Linux System and Network Administration / Network Security / SUSE Linux Administration オンラインコース修了
2009年〜 東京 Linuxユーザー会
2017年〜 電子情報通信学会 (IEICE) 会員 [正員]